審査に受かるパターンと落ちるパターンの違い

現代社会で生活するためにはお金が必要です。

お金がなければ、商品を購入することもサービスを利用することもできません。

 

やむを得ない事情で無収入になってしまった時でも、どうしてもお金が必要になることがあります。

そんな時は、誰かから借りるのがベスト。

 

もしも気の合う友人がいれば、その友人にカンパしてもらうと良いでしょう。

ただし、金の切れ目は縁の切れ目という言葉もあります。

 

金銭トラブルが人間関係のトラブルに発展する恐れもあるため、できることなら身近な人からお金を借りるのは避けたいものです。

 

おすすめは、消費者金融業者です。

審査の厳しい銀行系キャッシングサービスの場合、無収入ではまず確実に融資を断られます。

その点、審査のゆるい消費者金融系のキャッシングサービスなら無収入でもお金を借りられる可能性が十分にあります。

 

なお、一口に無収入と言っても様々なパターンがあります。

 

審査に受かるパターン

 

現在は無職でも近日中に就職先が決まりそうな場合、返済のあてがあるので審査に通る可能性が高いです。

また、職にはついているものの赤字が続いていて無収入の場合、自営業者と判断されるため、自営業者用のローンを組むことができます。

 

審査に落ちるパターン

 

裏を返せば、全く働く気もない無収入の方の場合、いくら審査のやさしい消費者金融業者でもお金を貸してくれる可能性は低いでしょう。

どんな形でもいいので、何かしらの返済のアテを作ってから金融業者に申し込むことが大切です。