質屋なら無収入でも審査なしでお金を借りられる

消費者金融や銀行のカードローンは安定した収入があることがお申し込み条件となっています。
無収入ではお金を借りることが出来ないですが、収入のあるなしに関わらずにお金を借りられる方法があります。

 

それは「質屋」をご利用するという方法です。
質屋さんは昔から日本にある形で、品物を担保として預入する代わりにお金を貸付しています。

担保に入れる品物の価値の範囲が借入できる金額です。

 

尚、品物の価値以上のお金を借りることは出来ないです。
質入れされた品物は大切に保管されます。

 

通常は3か月以内に元金と利息をお支払いすれば、質入れした品物は戻ってきます。
もし間に合わない場合は利息だけをお支払いすれば期限を延長することが可能です。

 

万が一、支払いが困難になってもカードローンのように催促されることは無いです。
質入れされた品物は質流れとなって失ってしまいますが、特に返済義務は課せられていないのです。

 

価値のある品物さえ持っていれば良いだけ、特に審査を受けることも無いので収入のあるなしは関係ないです。
質屋さんと言うと入りにくいイメージをお持ちでしょうが、最近では明るく一人でも来店しやすい雰囲気になっているところが多いです。

 

その代わり価値のある品物を持っていないと十分なお金を借りられない、質屋さんまで直接足を運ぶ必要があるのが欠点です。

質屋さんでは買い取りも行っているところがあり、大切な品物は質入れで不要な品物は買い取りでと使い分けも可能です。

収入が無い=借入れ不可能は本当なのか?

無収入ではお金を借りれないの?

 

ctr033a-s原則としてキャッシングやカードローンでお金の借入れをするには収入が必要です。

本人に収入が無くても配偶者に安定した収入があれば借入れが可能な場合もありますが、未婚の方などはこの方法を使うことも出来ません。

 

そうなると「収入が無い=借入れ不可能」と考えてしまいますが、実際はそうではありません。

 

収入が無くてもクレジットカードが一枚あればお金の借入れは可能です。

クレジットカードのショッピング枠の現金化」と言われる方法がそれに当たります。

 

これはこの方法を取り扱っている業者が指定する商品を購入し、それを買取って貰う形でお金の借入れを行います。

クレジットカードで商品を分割払いで購入し、その商品を質屋に持っていく様な感覚になると思います。

 

質屋の場合はかなり低い価格での買い取りになりますがショッピング枠の現金化はそんなことはありません。

かなり高い換金率(88~89%前後)での買い取りとなります。

 

購入と買い取りの差額が業者への手数料となります。

利用の方法もサイトからのメール連絡でのやりとりだけです。

 

原則としてクレジットカードを持っていさえすれば、審査などもありません。

必要なのはクレジットカードと、そのカードのショッピング利用枠が残っていることです。

それさえ満たせば即時に借入れが可能です。

 

ショッピング枠を利用した方法ですので、支払い方法や金利もそれに準じます。

リボ払いの金利(実質年率15%前後)が設定されていることがほとんどですので、低金利での返済が可能となります。

 

業者に対していくらかの手数料が発生しますが、返済の負担が少ないので無理なく完済出来るはずです。

 

無収入なので借入れ不可能・・」と諦める前に、この方法を試してみてください。

一枚のクレジットカードが貴方の救いとなってくれるでしょう。

li610_02

r01_rank1現金化のライフ 換金率89%

換金率が一番良いのがライフです。

新規の利用者も多く、勢いに乗っている業者です。

最高換金率で現金を入手したい方に最適です。

li610_02

r01_rank2あんしんクレジット 換金率88%

ここは実績が十分にある、クレジット現金化業界の老舗です。

1万円からの少額申し込みが可能なので助かります。

キャンペーン中は、クオカードが贈呈されます。

li610_02

r01_rank3ゴールドラッシュ 換金率88%

シンプルで分かりやすいと評判なのがゴールドラッシュです。

他社よりも還元率で負けない宣言をしています。

交渉したい方には最適なサイトと云えるでしょう。

 

区役所ならば収入なしでもお金を貸し付けてくれる!?

収入なしでお金を借りる方法、それは区役所から借り入れる事です。
区役所からは無職の人物でもお金を借り入れできる可能性があります。

 

通常、金融機関からお金を借り入れたい場合、職に就いていなければ断られてしまいます。
働いている、と嘘を申告しても審査の上で働き先に在籍確認の電話をかけられると、すぐに嘘がばれてしまいます。

 

無職の人物は門前払いの金融機関ばかり。

金融業者からお金を借り入れできない、本当に生活に困ってしまった人のため、区役所は「生活資金貸付制度」を設けています。

 

条件はありますが、金融業者からはどうしても借り入れができなかった、という時に駆け込んでみると、なんらかの助けを行ってくれる可能性はあります。

まずはダメ元で、相談してみましょう。

 

無職だというのにお金を貸し付けてくれる金融業者は、闇金の可能性がありますので気をつけましょう。

無職でも貸付可能、と甘い言葉に誘われないように。

 

もしも闇金から借り入れてしまっても、返済の義務はありませんので、返済をする必要はありません。

友人、親、知り合い、と個人からもお金を借り入れできない、区役所も貸してくれなかった、闇金には手を出したくない、という時はクレジットカードの現金化が役立ちます。

 

クレジットカード現金化は違法とされておらず、インターネットからでも利用できます。

クレジットカードで品物などを購入し業者に買い取ってもらい、手数料を引いた買い取り料金を得る方法です。

すぐにお金が手に入り、後にクレジットカード業者への返済を行います。

無職と無収入の違いとは何か?

結論から言えば、「無収入の状態だとお金を借りることが非常に難しく」なってしまいます。

無収入と無職は混同されてしまいがちですが、この二つは全く意味が違います。

 

無収入

 

無収入とは、全くお金を得ることが出来ていない状況です。
ですので、月々の収入も全くない状況ということです。

通常のキャッシングは無理と考えましょう。

 

無職

 

無職とは、現在就いている職業がないということです。
無職の状態であっても、株やFXで収入を得ている方もいますし、インターネットで収入を得ている場合もあります。

 

無収入はお金を借りれないのか?

 

無収入の状態になってしまうと、収入を得ることが出来ないと消費者金融に判断されてしまうので、返済することが出来ないと思われてしまいます。
しかし、無収入の状態でもお金を借りることが出来る場合もあります。

 

まずは、先々に収入の予定がある場合です。

例えば就職が決まっているとすると、その就職先からの収入が考えられますので、お金を借りることが出来る場合もあります。

この方法の場合は、しっかりと就職することを証明する必要がありますので、書面含めて事前に用意しておきましょう。

 

その他の方法では、保証人がいる場合です。

保証人がいることによって、本人が返済することが出来なくなってしまっても、その保証人から返済してもらうことが出来ます。

保証人になってもらうときは、家族に頼む方法が一番考えることが出来ます。

家族が保証人になってくれないときは、自身の友人や知り合いにお願いする必要があります。

どうしても今日、お金が必要な方へ

無収入の方は原則としてキャッシングサービスを利用できません。

お金を持っている方が一緒に住んでいない場合、カードローンも利用することができません。

 

こうした状態になってしまうと、利用できる手段は限られてしまいます。

しかしクレジットカードの現金化を行うことで、無収入の方でもお金を借りることができます。

 

一応収入を持っていた経験があって、クレジットカードを保有しているのであれば、この方法でお金を作ることができます。

 

現金化専用の業者にメールを入れて、クレジットカードの現金化をお願いすることになります。

現金化は割合で決定されますので、出来る限り高い換金率でお金を用意してくれる業者を利用してください。

 

後は現金化に必要なクレジットカードの番号を通知し、その金額を現金に換えてもらいます。

 

安い金額で買えるものとプラスして現金が手に入り、即時で振り込まれるようになります。

対応している銀行さえ持っていれば、夜遅くに手続きをしても借りられるようになります。

 

無収入の方は正規の方法で借りることが不可能なため、やむを得ずカード現金化に頼らざるを得えません。

 

この方法は誰でも借りられますし、審査は一切行っていません。

収入の有無に関係なく利用できることが利点となっています。

 

「どうしてもお金を確保して生活をしたい」と思っている方は、この方法が望ましいでしょう。

 

審査に受かるパターンと落ちるパターンの違い

現代社会で生活するためにはお金が必要です。

お金がなければ、商品を購入することもサービスを利用することもできません。

 

やむを得ない事情で無収入になってしまった時でも、どうしてもお金が必要になることがあります。

そんな時は、誰かから借りるのがベスト。

 

もしも気の合う友人がいれば、その友人にカンパしてもらうと良いでしょう。

ただし、金の切れ目は縁の切れ目という言葉もあります。

 

金銭トラブルが人間関係のトラブルに発展する恐れもあるため、できることなら身近な人からお金を借りるのは避けたいものです。

 

おすすめは、消費者金融業者です。

審査の厳しい銀行系キャッシングサービスの場合、無収入ではまず確実に融資を断られます。

その点、審査のゆるい消費者金融系のキャッシングサービスなら無収入でもお金を借りられる可能性が十分にあります。

 

なお、一口に無収入と言っても様々なパターンがあります。

 

審査に受かるパターン

 

現在は無職でも近日中に就職先が決まりそうな場合、返済のあてがあるので審査に通る可能性が高いです。

また、職にはついているものの赤字が続いていて無収入の場合、自営業者と判断されるため、自営業者用のローンを組むことができます。

 

審査に落ちるパターン

 

裏を返せば、全く働く気もない無収入の方の場合、いくら審査のやさしい消費者金融業者でもお金を貸してくれる可能性は低いでしょう。

どんな形でもいいので、何かしらの返済のアテを作ってから金融業者に申し込むことが大切です。