年金受給者がお金を借りる方法

定年で退職されて年金暮らしの方は、沢山いらっしゃると思います。高齢になればなるほど、医療費が多く必要になる場合が多いです。それでも、人間ですからどうしても欲しいものが出てきます。

 

高齢者であれば、人生のベテランですから、ショッピングをするにしても良いものを買いたいものです。しかし、良いものはそれなりの値段がします。
どうしてもある商品を買いたいとして、手持ちのお金では足りないことも出てくるかと思います。
そんなとき、皆消費者金融などでお金を借りようとします。

 

しかし、高齢のため亡くられるとお金を回収できないため、審査に落ちやすいです。
そこで、あまり知られていないのですが、国の制度として、年金受給者の人がお金を借りられる所があります。
それが年金担保貸付事業と言って、年金を収入と見なして年金を担保にお金を借りることができるのです。
事業所の名前は、独立行政法人福祉医療機構というところです。

 

こちらで、最高で年金1年分位まで借りることができます。
金利も非常に安いですし、支払いも支払われる年金から天引きされるだけですので、安心できます。

 
お近くの銀行、信用金庫などで、独立法人福祉医療機構代理店となっているところがないか、電話などして探してください。その代理店になっている銀行などの金融機関で、申し込みが可能です。必要書類は、店舗にある借入申込書と年金証書、あと年金通知書や年金支払通知書など年金の額が分かる書類です。

 

以上書類は3点だけでお金が借りられます。
最後に、クレジットカードの現金化は金利が膨大な物となるため、お控え下さるのが賢明だと思われます。