返済に苦しい時に見ておきたい返済術

お金を借りた以上は返さないといけないのが世の常、しかしながらどうしても返済が思っていたよりも辛いと言う場面は出てきます。
そういった場合すぐに取り組める対策方だと

・減額要求をしてみる

返済する意思はあるものの今の一定額の毎月返済はきついな…と思ったらここは思い切って減額要求をしてみてはいかがでしょう。
大手消費者金融でも今の返済額がきつければ毎月の返済額の変更の相談に乗ってくれるので減額する事だって可能です、ですが代償でその分払う期間が長くなると言ったデメリットも出てきますが少なくともちゃんと途切れずに返済しきればこっちのものです。
まずはこちらの誠意を見せて相談してみましょう。

・副業を始めてみる

返済で減っていくのであれば副業で減った分を補充するのも一つの手です、現在はアンケート調査や在宅で出来る内職も増えてきており(あくまで例ですが)本業の給与で返済にあて、そこで不足してる分を副業で稼いだ給与で生活費を少しでも補うと言う手段も有りです。空いてる時間を有効活用すれば少しは懐も暖まれて心理的負担は楽ですがあくまで本業に支障が出ない程度にしとかないと共倒れになってしまいますのでご注意下さい。

 

この二つがもっとも有効的と判断します。借りる時はちゃんと返済計画は練っていてもどうしても予想外の自体で支払いが苦しくなり「こんなはずでは…」と思う事もあるでしょう。そうなった場合は悪い事は言いません、早目に手を打ち相手にもちゃんと返済の意思を見せ返済を続けて信用を得つつ、こちらも少しでも負担を軽くなるようにしておきましょう。

 

途中で返済を滞納してしまうと下手しなくてもブラックリスト行きは免れなくなり最悪自己破産という笑えない自体も引き起こす事もありえますのでお金を借りた後の返済計画はこまめにチェックと見直しをしてスムーズに行ける様にしておきましょう。