シルトリンの概要と効能について

シルトリンはスイカから発見された植物由来の成分で、スイカの他にもキュウリなどのウリ科の植物にたくさん含まれていることが知られています。

また、その広範囲にわたる効能によって、人間の健康をサポートするための多種多様なサプリメントの配合成分として利用されています。

 

シルトリンはアミノ酸の一種として分類されますが、アミノ酸の中でも、タンパク質と結合していないため正確には遊離アミノ酸ということになります。シルトリンが体内に摂取されるとアルギニンに変換されますが、その過程で一酸化窒素も生成されてしまいます。

 

人間には増えすぎた一酸化窒素を排出しようという働きがあるために、シルトリン摂取とアルギニン変換によって増えた一酸化窒素を排出するために血行を促進します。一酸化窒素には血管拡張の効果があるためです。

 

シルトリンの効能によって、血行促進効果によって動脈硬化などの血流障害を防止できたり、むくみを解消できたりします。また、疲労回復効果や筋力アップにも効能があるために多種多様なサプリメントに利用されているのです。

 

男性にとってはシルトリンは勃起力の強化やペニスの増大の効果や滋養強壮などの効果も期待できます。男性の精力増強や増大サプリなどにもシルトリンは利用されています。
まさに、シルトリンは使用方法や利用量を守る必要がありますがしっかりと使用すれば、男女を問わず万能な効能を持っている成分であるということができます。